FC2ブログ
プロフィール

IKKO

Author:IKKO
福島県郡山市のIKKO(ASPHALT DANCER)がプロデュースするカスタムペイント&リペアショップです。

COLOR TRICK
〒963-0201
福島県郡山市大槻町字西ノ宮西2-6
tel: 090-7328-2732
e-mail: colortrick.ikko@gmail.com

twitter

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

COLOR TRICK
バイク・ヘルメットのカスタムペイントでお悩みの方はお気軽にご相談ください。また、カスタムペイントの作成過程などをご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。
さようなら GSF


長年連れ添ったGSF1200とお別れ
しました。
最愛の彼女と別れた気分です。

新しい彼女とは、上手くいかないと、
経験してます・・・w


バイクの乗り方、走らせ方、旅、セッティング、
エクストリーム、女??、本当によく学び、
経験させてくれた、本当に大切な一張羅のバイクでした。

心の隅には、金かけてでも、直して、乗ってやりたい気持ちも大きくありましたが、

フレームは曲ってるし、エンジンも真っ直ぐ乗ってないし、
フォークアウターチューブの
内側も段付きO/Hしても、すぐオイル漏れてくるし、
ブレーキローターも
ジャラジャラ、エンジンも500kmも
速いツーリングすると、500cc以上も
オイル消費するし、
正直、あちこちガタガタでした。

って言うか、かなりシャブリ尽くした感は否めませんが。

うー、
何か書いてたら、余計 色々思い出して、
悲しくなったきた 。 泣




沢山の経験と思い出を、ありがとう。
バイバイ、俺のGSF






















スポンサーサイト



1200

ちょっと次期仕様を検討ちぅ。


DSTツーが無ければ、やっぱこんなスタイルが


好きだな~ψ(`∇´)ψ




もー、取り回しの時点で、めっちゃ軽っ!


キュンキュン  クイックイッ


応答してくれそうです!

image.jpegimage.jpegimage.jpeg


綺麗に使おうスーパーコルサ V2  2014
ご無沙汰しております。IKKOです。
去年の暮れに書いたアブレーションの最新バージョンで御座います。

今年も、半年を経過し、日光チャレンジロードも2戦を消化し、日光の合間を縫って、
ダンロップサーキットステーションin筑波、地元ショップ主催エビス東コースと走って来て、
日光以外のサーキットを走ってみると、日光では気が付かなかった新たな不具合が露呈し、
セッティングの変更を余儀なくされます・・・。
コースに合わせたセッティングと言うよりか、まだまだレース車両として不足していた基本性能を補う感じでしょうか!?

筑波走行セッティング後、車両の基本性能が上がり乗りやすくなりました!
ベストタイムも一つの目標としていた39秒台にかろうじて乗りました。
写真 1



さて、本題のアブレーションに関してですが、前回ダラダラと書いた内容も????な感じで、
ホット、コールドの考え方は変わらずですが、どうも腑に落ちない内容で御座います。

今回の要は、コールドタイヤの原因には二通り有る事が推測できる!!
と言う事です。

コールドタイヤとは、タイヤ表面がムシリ取られる様な状況です。
  ↓
写真 2

これは、タイヤが潰れてない状況で発生します。(これは確定で間違い無いと思います)
普通はプリの掛け過ぎ等によってリアが高く、加重が乗りずらく、タイヤが潰れづらい状況で発生すると
思います。
で、最近感じたもう一つの原因は、プリ不足orバネレート不足に因る沈み込みです。

えぇ!「沈んだらトラクションばっちりでタイヤ潰れるでしょ!!」

答えは、NOです。

特に自分の場合は、割とカパッとアクセル空けるんですが、
プリ不足でスカッっとリアが沈み込んじゃう。(アンチスクワットよりGの方が勝ってる)
リアサスの動きが有る程度止まるまではタイヤは潰れず
タイヤを潰したい加重はサスが吸収してしまうようです。

ここで、仮に圧側ダンパー、プリロード、バネレートが効いていればタイヤを潰しながら
沈んでいってくれるはず。。むしろ伸びようとする。
加重がサスに逃げなければ、クッっとタイヤ潰れてくれるってすんぽうです。
(ここは、各車両ごと何をどうするか!?って事だね。)
市販車の圧側は弱いのでやっぱ社外のRサス欲しいな・・・。


と、こんな感じをエビス東で感じて、序盤6秒前後でしか走れなかったのを
Rプリ増し増しで後半は4秒台連発で走れる様になりました。   
写真3


しかし、今度は進入~ミドルでリアトラクション不足に陥りチャタリング発生で
遠慮しがちな進入を余儀なくされたまま走行終了となりました。
が、それを克服出来れば、おそらく3秒台入りそうな予感ww

今後のセッティング方向は、フロントをプリ、バネレート、油面、突き戻し等で上げるか
リアを下げるかですが、
もともと高めの車高で、サグを多目の取ってあったので、
リア車高を数ミリ下げて次回に持ち越しです。


さて、次は日光にいつ行けるか未定ですが、
このセットが、吉と出るか凶と出るか楽しみです。
吉と出れば39秒台連発!?なんて事も夢じゃないんだろうか!?w

タイヤの減り方もかなり変わると予測します。
次の走行では、どんな表情を見せてくれるか楽しみです。








Tweet